スタッフ

危険なハチの巣も業者依頼で安全に駆除|被害に遭う前の対策術

害獣を寄せ付けない環境

白鼻芯

フェンスの取り付けをする

ハクビシン駆除は、フェンスの取り付けを行うのが一番良いと言われています。ハクビシンは壁を垂直に渡ったり高い塀も飛び越えることが可能な、動きが速い小動物です。雑食性で、野菜や果物、穀物などの他にも昆虫も食べ、更には自分よりも大きな小動物も食べたりします。家の中に入ってこられないようにするためには、1メートル以上あるフェンスを取り付けてそこにハクビシンが嫌いな臭いのする忌避剤などを置いておくと更に良いと言われています。高いフェンスがあれば飛び越えることは不可能で、更に不快な臭いのするものがあれば警戒してむやみに侵入してくることはなくなると言われています。ハクビシン駆除は侵入させないようにすることが大切になります。

行動パターンを知る

ハクビシンが家の中に侵入して居座るようになった場合は、行動パターンを把握してハクビシン駆除を行います。ハクビシンは数センチの隙間がある部分を出入り口にして家の中に侵入し主に屋根裏など断熱材があって暖かく過ごしやすい場所を好みます。夜行性なので昼間は大人しいですが、夜になると足音や鳴き声を出したりと騒がしくなり食べ物を探しに出歩くようになります。家に居座ってしまった時のハクビシン駆除は、追い出すために出入り口に誘導するようにしてハクビシンが嫌う臭いのするものを置くようにします。臭いに敏感なハクビシンは警戒するようになり、出入り口から出たら後は隙間を全て塞いでしまうことで二度と通れなくする必要があります。