スタッフ

危険なハチの巣も業者依頼で安全に駆除|被害に遭う前の対策術

住宅被害が大きくなる前に

女性

無許可で駆除はできません

アライグマと同様に住宅街で生息数を増やしているハクビシンは住みかにする住宅設備を劣化させ、騒音や悪臭を発生する害獣とみなされています。しかし、ハクビシンはアライグマと違って特定外来生物に指定されていないため、駆除対象動物にはなっていません。そのため、無許可でのハクビシン駆除は鳥獣法違反となり問題となります。しかし、被害を与えているハクビシンに対して何もできないという訳ではありません。地方自治体によっては申請によって駆除が可能なこともあり、ハクビシン駆除を専門にしている業者であれば、地方自治体に許可をとってあり、罠を仕掛けるための狩猟免許も有しています。ハクビシン駆除は速やかに対応しないと住宅への被害が拡大してしまうので、なるべく早く信頼のできる業者に駆除を依頼して下さい。

業者による駆除のメリット

もし地方自治体に許可をとって自分でハクビシン駆除を行なうとします。その場合、箱罠を設置しようとしても適切な場所を選ぶこともできず、設置にも時間がかかってしまいます。箱罠を購入するのにも費用がかかります。ハクビシン駆除を行なう害獣駆除業者であれば、作業費用はかかりますが、箱罠購入費用もかからず、適切な作業を行なってくれるため、結果的には安上がりに上がることが多くなります。捕獲をせずに追い払う駆除方法もありますが、単純に追い払うだけでは再び侵入してきてしまいます。専門業者はハクビシンなどの害獣に対する知識も豊富なので、住宅に入ってくる侵入口を的確に指摘してくれて、その場所を塞ぐ作業を行なってくれます。